アートメイクは永久?

アートメイクは永久?

アートメイクは基本的にはタトゥー(刺青)と方法は同じです。

 

そうなるとタトゥーは永久に肌に残りますから、永久に一生同じようになっていくのか、と気になりませんか?

 

実はタトゥーはかなり深いところまで顔料(通称:墨)を入れていくのですが、アートメイクではそれほど深くまで入れないのです。

 

いわば表面に入れていくので、基本的には皮膚のターンオーバー(皮膚の生まれ変わり)が続いていくと、次第に色が薄れていきます。早い方であれば1年で入れていた色が薄くなり、3年たてば完全に消えてしまいます。

 

そのために永久ということはありません。

 

中には色が薄くなってくる1年ごとに、メンテナンスとして施術し直すという方も少なくはないのです。

 

とはいえやはり同じようなメイクに飽きてしまう方もいますし、逆に気に入った形、顔に似合う形が分かったことで、再度、施術し直す際に、色を変更したり、さらに濃いめに直したり、形をまた相談して変更する場合もあります。

 

1年間から3年間で消えていく

 

タトゥーと同じ要領で行うことで、失敗してしまったら…とお考えになる方も多いかもしれませんが、その心配はないのです。

 

多くの場合、施術者は念入りに形や色をカウンセリングしたから行います。つまり多くの施術者は流行の形より、その方に似合う色や形を提案することも多いので安心です。

 

施術したばかりでは色が濃く見えていますが、落ち着くと非常にナチュラルな仕上がりに変わっていくのです。

 

そこで汗をかくことが多い方や皮脂でメイクが崩れやすい方にはおすすめの方法です。

 

そして永久に残ることもないですし、1年間から3年間で消えていくのですから、必要以上に不安感を持つことはないでしょう。

 

頻繁にメイク直しをする必要がないということで、今は多くの方が行っています。また3年後に違う形や色で施術し直す方も多いのです。