アートメイクを医療機関ですすめる理由

アートメイクを医療機関ですすめる理由

今ではアートメイク専門サロンも少なくはありません。実際に優れた施術者も多く、色もかなり多彩に選ぶことができます。また費用も比較的に安くなっています。

 

それに対して、最近、美容皮膚科などでも行うようになってきていて、サロンに比べると、価格が高く感じてしまう方もいることでしょう。

 

そこで費用の安さに惹かれてサロンで、と、言う方も、多いかもしれません。

 

しかしそこで安さの理由を考えてみましょう。

 

多くのサロンは衛生面を考え、施術用針は使い捨てと言いますが、かなり安いサロンの場合は使い回しであることが少なくありません。実際に、施術用針は高価なのです。

 

それに対し、医療機関は必ず使い捨てにしています。これは衛生面もありますが、病気の感染を防ぐためでもあります。

 

それだけでなぜ費用が急に高くなるのか、という疑問もあるでしょう。

 

これはトラブルが起こったときに、すぐさま対応する準備があること、そしてラインが失敗したときに、レーザーを使いすぐに治すことが可能になっているからです。

 

いうなれば費用が高いのは、失敗したとき、トラブルが起こったときの「保険料」が含まれていると言っても過言ではありません。

 

痛みを抑える麻酔を使えることも魅力です

 

しかしサロンのように美的感覚が心配だと言う方もいらっしゃるかもしれません。

 

その面も今はクリアしています。

 

多くのアートメイクを行う医療機関ではメイクアップアーティストを常勤させ、デザインについてのカウンセリングを行うのは、このような方々です。

 

いうなれば分業されています。

 

だからこそ費用が高くなるという問題があるのですが、痛みを抑える麻酔を使えることも魅力です。加えて肌のトラブルを起こさないよう、その方の肌質にあった方法を行っていることもあり、費用は高くても、おすすめ、というわけです。