アートメイクは痛い?

アートメイクは痛い?

アートメイクの方法はタトゥーと同じです。

 

すると「痛いのでは?」という心配があることでしょう。

 

確かに専門サロンで行う場合は痛いことがあります。ただしこの痛みは我慢できるほどの痛みで、激痛と言うことはありません。タトゥーの痛みに比べれば、針でつつかれる程度ですから、我慢できるものです。

 

むしろ注射の方が痛いことでしょう。

 

ところが最近は美容皮膚科でもアートメイクを行うところが増えています。こう言うところであれば医療機関ですから、麻酔を使ってもらえます。

 

初診料などによって、サロンで施術を行うよりも割高にはなってしまいますが、痛いのはちょっと、でも施術を受けたい方にはおすすめです。

 

多くの場合、美容皮膚科ではその方の顔立ちや骨格を丁寧にカウンセリングし、肌のコンディションも丁寧に調べてから、カウンセリングに入ります。それを考えてみたのであれば、決して高く感じないかもしれませんね。

 

毎日、アイブロウペンシルやパウダーで気に入る形を描くのは意外と面倒で大変なものです。また理想の眉に仕上げるために眉を整えすぎて、眉を描かなければ人に会えない、という方もいらっしゃることでしょう。

 

サロンであっても我慢できる程度

 

しかしアートメイクを行っておけば、そういう悩みは解消されます。

 

お風呂に入っても落ちないですし、皮脂が出ても崩れないのです。最低1年間は素顔のままであっても、きちんとした印象をキープすることが可能なのです。

 

しかも美容皮膚科で受けたのであれば、麻酔のおかげで痛いということもありません。サロンであっても我慢できる程度のことです。

 

そこで毎日の手間を省くという目的でも良いですし、いつでも最高の顔でありたいと考えている方にもおすすめなのです。