アートメイクを消すには

アートメイクを消すには

アートメイクを施してみたけれども消したくなってしまう方も少なくありません。

 

しかし表皮の中に顔料を入れているのですから、そう簡単には消すことができません。

 

肌のターンオーバーによって3年ほどで消えていくのですから、待った方が良い、というのが本音ですが、消す方法がないわけではありません。

 

その方法は医療用レーザーを当てることです。

 

入れてしまったタトゥー(刺青)を消す方法を変わりはなく、アートメイクを入れた場所に医療用レーザーを当てると、何回か当てる必要はありますが、次第に消えていくのです。

 

実際に消すことを行った方にお話を伺うと、やはり痛いという感想です。

 

そこで永久に残るものではないので、あまりおすすめはできません。

 

一時的にアートメイクのラインを消すなら、コンシーラーでカモフラージュする

 

医療用レーザーのほうが費用もかかります。また痛みも大きいですし、しばらくは赤く腫れてしまうからです。

 

そこでこのような選択をせずに済むように、行う前のカウンセリングでは徹底的に自分の顔に合うラインと色を選んでいくべきなのです。

 

サロンや美容皮膚科などの医療機関でも、すぐに施術に入るというのは、リスクが大きすぎることもあり、カウンセリングにほとんどの時間を割いているのです。

 

骨格や顔のパーツの形で、その方が最も美しく見えるラインを探すことは、手間のかかることです。

 

しかし施術を行ったら、最低3年は消えないわけですから、施術を行った方が、医療レーザーで消すという選択を行うことがないよう、満足のいくラインを探すように心がけているのです。

 

カウンセリングで手間を省くようなサロンなどは評判が良くありませんし、加えて満足のいく仕上がりになったとも聞きません。

 

なお一時的にアートメイクのラインを消すなら、コンシーラーでカモフラージュするほうがおすすめです。