たるみは美顔器で解消できる?

30代半ばになってきてから、鏡を見て、気がつくのが「たるみ」です。

 

表情筋が衰えて、とよく言われています。

 

しかし、まったく無表情で暮らしているという方も、話さないで暮らすということも、ものを食べない、という方はあまりいませんよね。実はこのように無意識に表情筋は使われていますので、表情筋の衰えでたるみが生じる、ということは結論として考えにくいのです。

 

原因はそれでは何か、と言われれば、表皮の下にある真皮が衰えて起こるのです。

 

いうなれば肌の土台が崩れているから、顔がたるんでしまうわけです。

 

つまりマッサージを必死に行ったり、美顔器でもコロコロと転がして刺激を与えるローラータイプでは、むくみを解消することができても、この年齢で現れてくる悩みは解消しにくいというのが真実です。

 

スキンケアで肌にハリを与えるものを使うほうが、現実的なケアだといえます。

 

ところが効果がある美顔器がないわけではありません。

 

超音波美顔器がおすすめ

 

それはマッサージを行いながら、美容成分も浸透させていく機能を持った超音波のパワーを利用している超音波美顔器です。

 

高価ではありますが、肌がゆるんでいく原因を解消してくれます。美容ジェルをたっぷり使うことで、かなり肌そのものも若返ります。

 

一見、コロコロと刺激を与えるローラータイプはフェイスラインが引き締まったように見えますが、解消しているのは、あくまでも「むくみ」でしかありません。

 

アンチエイジングを考えて、美顔器を選ぶなら、超音波のパワーを利用したものが最適です。週に2回が限度ですが、それでも効果が持続し、使い続けていれば、かなり若々しい肌へと変えることができます。

 

あくまでもスキンケアの中のステップとして使うことが条件です。美顔器任せでは、正直なところ、肌は回復してくれません。

 

なお余談ですが、ダイエットを繰り返していると、20代でもたるみが起こります。若々しい肌のため、ダイエットにも工夫が必要です。

 

→ダイエットのやり方についてはこちらのページにまとめていますので合わせてご覧ください。→ダイエット成功 - 30代からの失敗しないためのダイエット法

 

人気の美顔器一覧