基本的な美顔器のセオリー

多くの美顔器が現在は販売されていますが、そこで忘れてはいけないセオリーもあります。

 

現在、人気があるタイプはマッサージ効果のあるものですよね。

 

実はスチームを当てて美肌効果を得ると言うタイプ以外では、上下に使うのはNGなのです。ご自身でスキンケアの際にクリームや乳液を使う際に、ほとんどの方は表情筋を意識して、下から上に向かって使っているはずです。

 

また化粧品を取り扱っているBAやエステティシャンも下から上に向かって、肌につけてくれますよね。

 

これが肌を扱うための基本なのです。

 

これは美顔器にも当てはまることなのです。

 

心地いいからといって、上下に使うのは、たるみやシワの原因になってしまいます。セオリーとはかけ離れた使い方を行った結果、美肌どころか表情筋に歪みが出て、フェイスラインが崩れてしまっては意味がないですよね。

 

基本的に美顔器も下から上に軽く肌が持ち上がるように使います

 

いわばマッサージを手ではなく、美顔器で表情筋に働きかけながら、行うわけですから、セオリーにかなっているのです。

 

加齢によって肌のたるみが気になっているのであれば、なおさらのことです。

 

また小顔効果を狙っている若い方であっても、セオリーは変わりません。

 

またメイクをした上から使える、という宣伝文句のものもありますが、スキンケアを考えると、あまりおすすめできません。

 

どうしてかといえば、本来、清潔な肌に使うことを前提に作られていますので、メイクの崩れだけではなく、肌のキメに汚れをなすりつけるのと同じことなのです。

 

そこで使うのはメイクを落として、清潔な肌に使うというセオリーを覚えておきましょう。

 

スキンケアでマッサージを行う場合を考えていくことも使い方では忘れるわけにはいきません。

 

人気の美顔器一覧