足の裏のケア方法

足の裏のケア方法

足の裏がカチコチになっていると、それほど自分に手間をかけていないように思えてきて、恥ずかしくなることはありませんか。特に素足になったとき、硬い印象であれば、かなりのお手入れ不足です。

 

そこでボディケアの中に足の裏のケアを組み込んでいきましょう。

 

まず洗い方ですが、強引にこすることはやめてください。逆に皮膚が硬くなっていってしまいます。よく軽石でこするというピーリング方法が行われていますが、力加減によっては肌を痛めてしまいます。

 

そこで保湿効果のある石鹸を使い、手で丁寧に洗っていきましょう。洗い方自体は揉むようにしていくと、皮膚も柔らかになっていきます。少しずつ、結果を焦らないで、古い角質を落とすようにしましょう。

 

洗い方もボディケアの準備ですから、乱暴に扱ってはいけません。バスタブでゆっくりくつろいでから、全身の皮膚が柔らかくなっているときが効果的です。

 

足の裏で硬くなっている部分は古い角質が固まっている証拠です。それだけお手入れを怠ったと思って、丁寧に洗ってあげましょう。

 

皮膚科で相談

 

お風呂上りには古い角質を緩めて落としながら、保湿できる成分の尿素が配合されたクリームでマッサージしながらすり込んでいきます。

 

このステップを気長に行っていると、次第に柔らかく、ツルツルな足の裏になります。保湿の効果もあって、肌のターンオーバーも正常に変わりますから、皮膚が柔らかくなるのです。

 

またマメやタコ、魚の目がある場合は、自分で治そうとするよりも、皮膚科で相談したほうが、肌のトラブルになりません。

 

なお足の裏のカサつきが、乾燥タイプの水虫である場合もありますから、メンテナンスのつもりで、皮膚科で相談してもいいですね。柔らかでツルツルな足の裏を取り戻すためには皮膚科に頼るのも、おすすめの方法です。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…