バスタイムでボディケアするには

バスタイムでボディケアするには

ボディケアの勝負はお風呂上りの数分で決まりますが、バスタイム中でもできることがあります。

 

身体を清潔にするため、洗うところから、ボディケアは始まります。実はボディシャンプーや石けんを使って洗う際にスポンジなどを使わないで、手のひらを使うという方法です。

 

この方法では洗った気がしないかもしれませんが、きちんと身体の汚れや古い角質は落ちていきます。また肌を痛めることもなく安心です。

 

なぜかといえば、洗顔と身体を洗うのも同じようにすべきだからです。もしも手のひらでは物足りないのであれば、柔らかなタオルで洗ってもかまいません。ただし強くこすり過ぎないように注意しましょう

 

そのあと、顔用の保湿効果のある洗い流しパックを乾燥が特に気になる部分に使ってみましょう。顔に使えるのですから、ボディケアに使っても問題はありません。

 

洗い流しパックをしておくと、肌が生き返ったように変わります。

 

肌をこすらないこと

 

腕やヒップは乾燥でざらつきやすいので、洗い流しパックでケアしてあげると、徐々にすべすべさを取り戻していきます。また顔に使う際にデコルテまで伸ばすのもおすすめのボディケアです。

 

なお洗い流しパックを落とす際にも、こすらないように注意してください。こすればそれだけ肌が傷んでしまいます。肌はそれだけデリケートであることも知っておけば、肌トラブルに悩まされたり、乾燥によるかゆみに悩まされることもありません。

 

バスタイム中も保湿を考えたボディケアは可能です。その方法が肌をこすらないことになります。優しく扱うことと、保湿で肌が次第に丈夫になっていくのです。

 

ボディケアの基本はバスタイムの過ごし方で決まると言っても過言ではありません。優しくいたわるように扱いましょう。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…