足の付け根の黒ずみ対策

足の付け根の黒ずみ対策

ふと気が付いて、びっくりするのは、足の付け根の黒ずみです。これは毎日動かす部分ですし、下着や洋服でこすれてしまう部分なので、黒ずみが起こりやすい難点があります。

 

しかしながら気長なボディケアで目立たなくさせることが可能です。

 

それはバスタイムの際に、足の付け根を指で丁寧に洗い、古い角質がたまらないようにしておき、お風呂上りにはボディコスメで保湿を行ってあげることです。

 

美白する方法もありますが、肌のコンディションを考えますと、刺激になることもありますので、肌が安定している生理後の2週間なら使ってもいいでしょう。そのため頻繁に行うべきではありません。

 

この足の付け根の黒ずみはすぐに出来たものではありません。長い時間かかって、できたものですから、解消するまでにはやはり時間がかかります。

 

そのためボディケアを根気よく行うことが最大の対策になります。

 

一回できれいになる方法はない

 

また忘れがちな足の付け根の保湿を行うと、肌のターンオーバーが正常化していき、メラニン色素を含んだ角質が少しずつはがれていきます。そのため保湿は忘れることができません。

 

また皮膚が薄くなっている場合であれば、なおさらボディケアで保湿して、肌が正常な厚さになるように整えていくことが大事です。

 

ボディケアの結果は継続することで出てきます。特に黒ずみはお手入れを根気よく行うことによって解消されていきます。一回できれいになる方法はないと考えてください。

 

こまめにお手入れを行ってあげることで、次第に薄く目立たなくなります。また古い角質がきれいになくなっていく肌になれば、黒くなりにくくなるので、ボディケアの中に組み込んでおきましょう。

 

時間はかかりますが、次のシーズンで大胆な水着を着ても、恥ずかしくないボディに整えておくことをイメージしながら行えば、忘れにくくなります。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…