ボディケアに不要なもの

ボディケアに不要なもの

日本人の肌は世界一美しいと言われていますが、その分、デリケートでもあります。ですから刺激は極力避けなければなりません。

 

そこでボディケアに不要なものも挙げていきましょう。

 

一見、便利だし、優雅に見える柄の長いおしゃれなボディブラシはどう使っても日本人の肌には向きません。刺激が強すぎるからです。

 

また軽石はかかとやひざのケアに良いと言われていますが、強引に軽石で垢や古い角質を落とすのは、実際には肌には乱暴なことです。ですから不要なものだと言えるでしょう。

 

「これを使わないと、洗った気がしない」という方も多いナイロンタオルも、ボディケアには不要なものになります。ナイロンタオルはそれだけ刺激が強く、垢が一気に落ちるように思えますが、その分、肌への負担が大きいのです。

 

一時的にブームになった垢すりタオルも同じです。洗っているときは、気持ちいいくらい垢が取れますが、その分、肌を無理やり削っていると考えても、間違いではありません。

 

こうして挙げていくと、すべて肌に刺激の強いものばかりです。

 

自分の肌を痛めつけないことが実はボディケアの基本

 

顔を洗うとき、刺激を与えないように、泡で洗いますよね?

 

ボディにも同じことが言えます。刺激を与えることは肌に危険ですし、それだけ水分が洗っている間に抜けていってしまうのです。こうなるとお風呂上りに必死に保湿しても、なかなか追いつかない事態になってしまいます。

 

おしゃれさや心地よい刺激、という言葉に惑わされることなく、自分の肌を痛めつけないことが実はボディケアの基本です。

 

そこで不要なものは極力使わないことも大事です。また今、あっても、処分せず、石鹸やボディシャンプーの泡立て用に使う方法もあります。泡立てるのは意外と面倒ですが、こういうときに、不要になっているものが役立つこともあります。

 

ですから捨てるより、次の使い道を考えてみるのもいいですね。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…