肌の乾燥はお手入れ不足

肌の乾燥はお手入れ不足

よく肌の不調、とくにボディの肌が粉をふく、かゆみを感じるという悩みを訴えている方がいますが、皮膚病ではない限り、多くの場合、乾燥が原因です。

 

この肌の乾燥はボディケア不足、とくにお手入れが不足していることが原因です。

 

たとえば仕事の関係でナイロンストッキングを頻繁に履く方の中には、ナイロンストッキングを履いている間、かゆみに悩まされるというケースがあります。これはナイロンが刺激になっていることもありますが、その刺激に耐えられないほど、肌のうるおいが不足していることが原因です。

 

一見、敏感肌はデリケートで繊細なイメージがあって、弱々しい自分に満足しがちです。

 

しかし多くの場合、敏感肌が体質的なものであることは少なく、単なるお手入れ不足で肌が乾燥していることが原因で起こっています。

 

そのためナイロンストッキングを履く前に、ボディクリームなどで保湿しておくと、かゆみを感じないことも多くあるのです。

 

そこで肌を丈夫にするため、ボディケアも顔のお手入れと同じように欠かすことはできません。丈夫な肌は美しい肌でもあります。

 

刺激に負けない肌

 

いうなればボディケアも肌の強化のために必要なことです。最初はなかなか効果が出なくても、続けていけば刺激に負けない肌ができあがっていきます。
特に乾燥する季節の前にはしっかりと保湿重視のボディケアをして、丈夫な肌を作っておくと、ニットのチクチクやナイロンストッキングのかゆみをあまり感じずに済むのです。

 

まずはお手入れ不足を再確認し、弱っている肌を強化してあげましょう。皮脂が不足していれば、それだけ刺激に弱くなると知っていれば、ボディケアも真面目に行うようになるでしょう。

 

ムダ毛の処理を丁寧に行う感覚や顔のお手入れで時間をかけるように、やはりボディケアを行うのは、刺激から守るためにも欠かすことができません。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…