硬くなりがちな、かかと、ひざ、ひじのケア

硬くなりがちな、かかと、ひざ、ひじのケア

ふと気が付いたら、硬くなっていて、白くなっていたり、黒ずんでいることも起こりやすいのが、かかと、ひざ、ひじです。ひどいときはひび割れていることもありますよね。

 

これもボディケア不足にほかなりません。身体を丁寧に洗っているつもりでも、この部分は汚れというよりも、古い角質がたまりやすく、硬くなってしまいやすいのです。

 

そのため古い角質を剥がせばいいのですが、軽石などで強引にこすってしまうと、逆に肌を痛めやすく、あまりおすすめではありません。特に肌があまり丈夫ではない方には、危険でもあります。

 

ですからお風呂などで丁寧に洗っておくことはもちろんですが、ボディケアの際にかかとやひざ、ひじを丁寧にケアすることも、硬くなった角質を剥がすにはいい方法です。

 

古い角質が硬くなることで、これらの部分はこちこちになっています。ですから保湿をしっかりしても、美容成分が古い角質に邪魔され、なかなか浸透しません。

 

ピーリングコスメを使ってから保湿するよりも、尿素を配合したクリーム

 

しかし古くなった角質を緩め、剥がし落とし、そのうえで保湿できる美容成分もあります。それが尿素です。

 

尿素そのものは健やかな肌にはあまり効果を発揮してくれませんが、古くなった角質のたまって、硬くなっている部分では効果を発揮します。

 

これは尿素の角質を緩め、剥がしてから、保湿する効果によるものです。

 

そのため、かかと、ひざ、ひじ用のピーリングコスメを使ってから保湿するよりも、尿素を配合したクリームなどで、マッサージするように塗っておくほうが、効果があるのです。

 

一回で効果は出ませんが、使っているうちに、柔らかく、すべすべになっていきます。

 

そこでボディケアの一環として、こうしたパーツのケアをしっかり行っておくことも、肌を健やかに保つには重要になります。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…