お風呂上りからの数分がボディケアの勝負

お風呂上りからの数分がボディケアの勝負

バスタイムをのんびりと楽しんだ後、バスタオルでゴシゴシと肌の水分をふき取って、それからしばらくまたのんびりされる方も多いでしょう。

 

しかしこのお風呂上りの「のんびり」時間に、肌から水分はどんどん蒸発していってしまうんです。特に熱めのお湯がお好みであれば、肌は乾燥しやすくなってしまいます。

 

「保湿効果がある入浴剤を入れているから大丈夫!」

 

そうおっしゃるかもしれません。

 

そこで思い出してみてください。洗顔後、化粧水だけで大丈夫ですか?多くの方はそのままでは乾燥し始めてしまうでしょう。ボディも同じことです。

 

ですからバスタオルでゴシゴシ拭くのもおすすめできませんし、いくら入浴剤を入れていても肌は乾いていってしまいます

 

油分を含んだもので、保湿

 

実はボディケアで肌をすべすべにうるおいを保つようにするには、お風呂上りの後の数分が勝負です。軽くバスタオルで肌の水分を取ってから、ボディローションやボディクリームをしっかり塗っておかなければなりません。

 

ボディケアは時間との戦いだと言ってもいいでしょう。身体が熱を帯びていれば、それだけ肌の水分が蒸発しやすくなっています。そのため水分を肌に閉じ込めるため、ボディローションやボディクリームのような油分を含んだもので、保湿をしなければなりません。

 

ですからボディケアで理想的なのは、お風呂上りに軽く肌の水分を取って、すぐに油分を含んでいるボディローションやボディクリームをのばすことです。慣れるまでは面倒かもしれませんが、習慣になっていれば、乾燥の厳しい時期もうるおいのある肌をキープできます。

 

シャワーを浴びた後でも同じです。

 

ですからバスタオルとともに、ボディケアのためのコスメを用意しておきましょう

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…