ボディケアはある意味、自分との対話

ボディケアはある意味、自分との対話

グラビアアイドルの元祖とも呼べる存在に武田久美子さんがいます。美貌に恵まれていることはもちろんですが、美しいプロポーションだけでなく、隙のない美肌の持ち主でもあります。

 

武田久美子さんもボディケアを欠かさないそうですが、その方法がやはり「グラビア」の中で輝くためということで、やはり真摯なものです。

 

その方法は全身が写る鏡を用意し、お気に入りのボディクリームを塗りながら、自分のボディをくまなくチェックしていくという方法です。その際に「このままでいろ!」と自分のボディに言い聞かせて、マッサージも行うそうです。

 

効果は武田久美子さんを見れば納得できますが、実行するのは勇気がいりますし、また見ていて悲しくなってくるという方もいるかもしれません。

 

しかしボディケアの際に自分をチェックするということは、自分との対話でもあります。

 

「ちょっとたるみがでてきたかも」

 

「少し太ったかな?」

 

「関節の部分のカサつきが気になる」

 

など、自分との対話はやはりしておくと、ボディケアは効果をもっと発揮します。

 

人間は面白いもので、自分で気が付かなければ、どんどんマイナスに転がっていくものです。そこでボディケアをする際には、自分のいいところは褒め、悪いところは対策を考えることも可能です。

 

自分なりに手当てする時間がボディケア

 

単に悩みを抱えているだけでは何の解決にもなりませんが、自分なりに努力したり、工夫していけば解決は近くなりますよね。

 

ボディケアも同じです。気になる部分をマッサージしていけば、やはり手当になるので、その悩んでいる部分が解消されていきます。

 

ただ悩みをそのままにするのではなく、自分なりに手当てする時間がボディケアともいえるのです。確かに自分を厳しくチェックするのは辛いものですが、それだけ手当を怠ったツケでもあると自覚すれば、反省点も出てきます。それを治せばいいだけです。

 

そこでボディケアの時間を自分との対話に当てましょう。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…