意外なものがボディケアに役立つ

意外なものがボディケアに役立つ

ボディケアをさっそく始めよう、と思ったとき、わざわざ専用のものを用意する必要は、本当はありません。ただボディコスメは多くの場合、量が多く、また香りも心地よくできていて、使いやすいだけのことです。

 

実際にはボディケアの際に、意外なものが役立つことも多くあります。

 

たとえば使い始めで、水分の吸収が悪いタオルはボディを洗う際に使うと刺激が少なく、また手を使って洗うより簡単です。

 

また持て余している洗顔料をボディシャンプーの代わりに使うと、肌が乾燥しにくく、やはり使いやすいアイテムの1つだといえます。ニキビ対策に使うピーリング効果のある洗顔料の場合も、同じようにボディに使えば良いわけです。

 

また保湿に関してですが、買ったけれども、なんとなく気に入らないで、持て余している化粧水や乳液などもボディケアに最適です。意外なものではないかもしれませんが、持て余してドレッサーでほこりをかぶっているなら、ボディに使ってみましょう。

 

ボディに関しても刺激は極力避けなければなりません。刺激を避けて、保湿効果を考え、使いやすいものを選んでいけば、意外とドレッサーなどでホコリをかぶっているものが優秀なボディケアアイテムになります。

 

顔には合わない化粧品やいただいたけれど水分吸収の悪いタオル

 

そこでまずは自分の部屋の中で持て余しているものを探してみましょう。すると意外なものが役立つことに気が付くでしょう。

 

買ったときは良かったけれど、顔には合わない化粧品やいただいたけれど水分吸収の悪いタオルなどは、活用すべきものです。

 

またタオルの場合、ボディへの刺激が少ないだけではなく、落としたい汚れや古い角質を落とせて、便利です。加えて使っているうちに、タオル自体の水分吸収が良くなり、普通のタオルに下ろせます。

 

そこで今、持て余していて、しかし捨てるのは忍びないものは、ボディに使ってみましょう。どんなものも工夫次第です。

<PR> 毛穴の黒ずみの悩みには…