クレンジング剤の選び方のコツ

クレンジング剤の選び方のコツ

 

スキンケアで唯一、手抜きを許されないのはクレンジングです。

 

しかしながらさまざまなテクスチャーやタイプがあって、選び方に迷っている方も多いかもしれませんね。

 

そこでそれぞれの利点を紹介しましょう。

 

メリット

 

オイルタイプ 一気にポイントメイクも落とせる
クリームタイプ 細かい汚れも落としやすい
ジェルタイプ 肌への負担が少ない
ローションタイプ すっきりと簡単に落とすことが出来る
シートタイプ 簡単におおまかなメイクなら取れる

 

 

デメリット

 

オイルタイプ 皮脂を取り過ぎる。ダブル洗顔が必要。
クリームタイプ 拭き取りタイプの場合、拭き取る際に肌へ負担がかかることがある。
ジェルタイプ メイクや汚れを浮かせるまで時間がかかる。
ローションタイプ 拭き取って取る際に肌を痛めることもある。
シートタイプ なかなか一気にはメイクが落ちない。

 

このようにどのクレンジング剤も利点と難点があります。

 

そういうこともあって、肌タイプやテクスチャーの好み、使い心地で選んでも実はいいのです。

 

クレンジング剤が自分の好みに合うかどうかのほうが重要

 

 

難点(デメリット)の部分は注意事項と同じですから、使い方次第でその難点はクリアできます。

 

使い心地が好きになれなかったり、テクスチャーが好みでなければ、使い続けるのが苦痛になってしまいます。

 

美容家でも意見が分かれているオイルタイプも使い方を間違えなければ問題はありません。

 

メイクを落とすまでに時間がかかってしまっても、方法や使い心地が気に入っていれば、さほど苦痛にはならないはずです。

 

方法がそれぞれ変わってくるのですから、使い方も工夫して行う必要も出てきます。とはいえ好みに合えば、問題はありません。

 

まずそのクレンジング剤が自分の好みに合うかどうかのほうが重要なのです。すると選び方も難しくなくなります。