クレンジングのタイプだけは吟味して

クレンジングのタイプだけは吟味して

スキンケアで楽をしたいなら、自分の肌タイプに合うクレンジング剤を見極めることも大事です。

 

面倒に感じる方も少なくないかもしれませんが、肌のタイプに合っていないと、ダメージを与える原因にもなるからです。

 

クレンジング剤は、クリーム、ミルク、オイル、ウォーター、ジェルと種類が多くあります。

 

使い方を間違わなければ、肌の汚れをきれいに落とし、そのあとに行うお手入れを速やかにしてくれる効果もあります。

 

このようにたくさんの種類がありますが、クレンジング剤も使ってみないと、合うか合わないかはわかりにくいものです。

 

そこでクレンジング剤の目安もご紹介しておきます。

 

クリーム 汚れが落ちやすく、皮脂も適度に残してくれます。拭き取りタイプのものも多くあり、乾燥気味でも丈夫な肌向け。また年齢で肌が衰えてきた方にもおすすめです。

コットンと拭き取り化粧水も用意しておく必要があります。

ミルク 汚れが浮くまで時間がかかりますが、肌への負担が少なめです。

特に洗い流しタイプの場合は肌の負担はさらに少なくなります。拭き取りタイプもありますが、肌のダメージが気になる方には洗い流しがおすすめです。トラブルが起こりやすい肌の方向け

オイル 一気にすべての汚れを落とせる利点があります。マスカラなども落とせて、便利ですが、洗顔料できれいにまた洗顔しなければならないというウィークポイントもあります。肌が乾燥しやすい方には向きません。
ウォーター コットンに含ませて、拭き取っていきます。クリームタイプよりも感触が軽く、また肌への負担も軽減されています。しかし落としにくいメイクがなかなか落ちないというウィークポイントもあります。焦らずにゆっくり落としましょう。
ジェル 肌への負担が少なく、乾燥肌や敏感肌にも安心です。メイクがやや落ちにくいこともありますが、一気に落とすのではなく、ポイントで落とせばきれいに落ちます。肌にダメージがある方向けです。

 

このように特徴がありますので、それぞれの特徴を掴んで選ぶようにしましょう。