コットンを使うべきか、手のひらを使うべきか

コットンを使うべきか、手のひらを使うべきか

意外とスキンケアで意見が分かれているのは、化粧水をコットンで使うか、手のひらを使うかですよね。

 

「肌になじませる」ことが簡単にできる方法であれば、どちらでもいいのです。

 

水のようなパシャパシャ使えるものであっても、美容液感覚で使えるトロミがあるものでも同じことが言えます。

 

ただしパシャパシャタイプのほうがコットンでなじませる方が楽ですし、トロミタイプの方は手のひらの方は簡単になじませられるでしょう。

 

よく化粧水を肌になじませるには、パッティングするといい、といいます。

 

確かにスキンケアでパッティングでより肌へと浸透させることは可能です。

 

ただし軽く行うことが必要です。強く叩くと、肌の下にある毛細血管にダメージが起こってしまうからです。痛いと感じるのでは強過ぎです。

 

すると時間がかかってしまうのが難点です。

 

 

重要なのは肌になじませること

 

 

おすすめの方法は肌に押し込むように、ハンドプレスしていくことです。コットンを使う場合も、コットンから肌に化粧水を押し込んでいくように使うといいのです。

 

すると驚くほど、化粧水は肌に浸透していきます。

 

手のひらで使う場合も、かるく化粧水を伸ばしてあげてから、ぐっと手のひらを押し付け、ハンドプレスすることで、肌のキメが変わってきます。

 

肌にとって気持ちいい方法、自分が簡単にできる方法で行っていいのですが、乱暴なパッティングだけは避けましょう。

 

ハンドプレスだけで、十分に肌へなじんでいきます。

 

専門家でも意見が分かれていることですが、重要なのは肌になじませることです。そのなじませてあげる方法が自分に簡単であるほうが良いということは揺らぐことはありません。

 

面倒なことではスキンケアは続きません。自分にとって楽な方法を見つけていくことも、大切なポイントですから、心地良い方法で行いましょう。