ドーピングスキンケアとは?

ドーピングスキンケアとは?

 

「ドーピング」というと、なにやら不穏な響きがありますが、これをスキンケアに応用する時代が来ているといっても、納得する時代が来ています。

 

具体的に「ドーピングスキンケア」はどんなものなのか、といえば、サプリメントや薬剤を服用することで、内側から肌の強化や敏感肌を変えるということになります。

 

実際、本来の目的は「疲労回復」とされている強壮剤には美肌のために効果的な成分が多く配合されています。また女性向けの場合はカロリーも抑えてあるので、肌のためには効果的だというわけです。

 

実際に「ドーピングスキンケア」を始めている方の中には敏感肌という問題を抱えている方も多くいます。つまり通常の化粧品で肌に合うものを探すのが非常に困難であるため、「飲む」というアプローチで肌を強化することにしているということも多くあるのです。

 

 

肌そのものが丈夫になる

 

 

ではどんな成分がこのような「飲む」という方法ではおすすめになるかといえば、ビタミンB群とビタミンCが基本になります。

 

たとえばビタミンB群の中には体調を整えるだけではなく、肌の生まれ変わりや強化を行うものが多くあります。そのため肌の強化には非常にいいわけです。

 

そこで「ドーピングスキンケア」の実践者の多くはビタミンB群を効果的に服用しているのです。サプリメントを慎重に選んで飲んでいる方もいれば、あらかじめ肌を強化し、再生させる効果も期待できる強壮剤を服用する方もいます。

 

化粧品と違って、飲んだ翌日から肌が変わることはありませんが、1か月ほど行うだけで、肌そのものが丈夫になるのです。また飲み続けていることで、若々しい肌をキープすることも不可能ではありません。

 

またローヤルゼリーなどで体内から活力を与え、肌の回復を狙う方も増えています。

 

肌は内臓の鏡といいますが、それに則した方法といえるでしょう。敏感肌であっても、基本的な肌の立て直しができることで実践者は増えています。