飲み忘れないための工夫

飲み忘れないための工夫

 

うっかりしがちなのは、「飲む」スキンケアを飲み忘れしてしまうことです。忙しかったり、また時間がなかったりすると、つい、このうっかりが起こってしまいます。

 

そこで「飲む」スキンケアを忘れないための工夫もしたほうが良いですね。その方法はいろいろあります。

 

たとえば必ず食事の際に、メニューの一部として添えるというのも、忘れにくい方法です。朝の洗顔の際にすぐ目につくところに用意しておくのも、飲み忘れを防げるようになります。つまり忘れにくい時間を選ぶ方法です。

 

特に食事は忘れにくいですし、食事のメニューの一部にしておけば、忘れずに飲めるようになれます。多くの実践者はこの方法で、飲み忘れを防いでいます。特にビタミン類は効果的です。

 

また洗顔の際に目につけば忘れることはありません。ある実践している方は洗顔後に必ず飲める準備をしておくそうです。顔は毎朝洗いますし、確かに忘れにくいですよね。

 

 

1日のメニューに組み込んでおく

 

 

1日の規定量が決められている場合、朝にまず飲んでおき、それからうまく飲むタイミングを選んで行ってもいいですね。1日1回で済むものであれば、朝に飲んでおくか、夜寝る前に飲む習慣をつける方法もあります。

 

うっかりを予防するには、朝のスキンケアやメイクの終わりに、お守りのような意味を持たせて飲んでみるのもいいでしょう。すると「今日の1日は肌が頑張れる!」という気分にもなって、一石二鳥です。

 

また常時、服用薬がある方の場合は、薬を服用する時間に一緒に、という方法も忘れにくいものです。服用薬を忘れてしまうことはあまり起こりませんから、いわば「飲む」スキンケアを便乗させてしまう方法です。

 

1日のメニューに組み込んでおくと、この時間が忘れにくくなります。工夫して飲み忘れを防ぐようにしてみましょう。