飲み続けなければ効果が実感できない

飲み続けなければ効果が実感できない

 

「飲む」スキンケアは飲んだら翌日から肌のコンディションが回復する、ということは少ないものです。直接、身体に入れていく点滴とは違い、即効性はあまり期待できません。

 

つまり継続していかないと、肌にまで効果が出て、実感しにくいわけです。

 

その理由は、飲んだ分の最初は内臓など、生命維持のために重要な臓器に使われてしまい、肌にまで届かないのです。しかし内臓などの生命維持の臓器が機能を正常に回復していけば、肌も健やかで丈夫に変わるという面もあるので、無駄ではありません。

 

いうなれば「飲む」スキンケアは、内部から肌の立て直しを図るものなので、効果が実感できるようになるまでは、時間がかかります。特に肌のコンディションが悪い理由が内臓のトラブルであればなおさらです。

 

ヒアルロン酸にしても、コラーゲンにしても、プラセンタにしても、ローヤルゼリーにしても、「飲む」という方法を選んでいるなら、じっくりと自分の肌を立て直すことで肌のコンディションが良くなることを認識しておくといいですね。

 

 

余計な分は排出されてしまいます

 

 

ビタミン類も同じです。

 

ストレスが多い方や、喫煙習慣のある方は、効き目が出てくるまでは時間が必要になります。まずビタミン類は身体の損傷部分に使われることになるからです。

 

つまり肌に直接、成分が届くのではなく、どんなものであっても、臓器に回されて、その残りが肌に行く、という具合に効いてくるわけです。

 

「それなら規定量よりも多く飲めば効くかも」

 

と思うのは間違いです。規定量以上飲んでいても、残念ながら、余計な分は排出されてしまいますし、悪い場合は身体に支障をきたしてしまいます。肌に回るのは一番最後ですから、根気よく飲むことのほうが「飲む」スキンケアでは重要になるのです。