ミネラルウォーターも吟味しよう

ミネラルウォーターも吟味しよう

 

味そのものは日本人にとってはおいしいものではありませんが、「やせる水」として話題になったのが、コントレックスですね。

 

どうしてコントレックスが「やせる水」と評判になったのかは、ミネラル分が非常に多く、コップ1杯でも牛乳並みにあること、デトックス効果によるものです。結論としては、やせるのはデトックス効果とミネラル分でかなり満腹感が得られるので、余計に食べなくなるからなのです。

 

日本人は食事のメニューの好みや食習慣の事情から、ミネラル類が不足しやすいこともあり、増やすべきなのですが、なかなかうまくいかないものです。そこでミネラルウォーターは役立ちます。

 

コントレックスばかりが「やせる水」とされていますが、もっと口当たりがよく、飲みやすいボルビックも上手に飲めば、健康的にやせられます。またヴィッテルも同じく、マグネシウムとカルシウムが豊富なので、おすすめの水です。

 

日本は水道水そのままでも飲みやすくなっていますが、それだけでは不足してしまいがちです。ダイエット中は特にミネラル類が不足しがちなので、ノンカロリーのミネラルウォーターは強い味方です。

 

 

マグネシウムやカルシウムは心身の安定に必要な成分

 

 

ミネラル類の中でも、マグネシウムやカルシウムは心身の安定に必要な成分です。そこで味も好みで選んでいいのですが、この2つがどれくらい含まれているかで、ミネラルウォーターを選んでいくと、結果的には「飲む」スキンケアが成功します。

 

「飲む」スキンケアでは水も非常に重要なのです。良質な水を選ぶことで、体内から美肌が育つといっても過言ではありません。

 

ただし同じようなミネラルウォーターであっても、含有成分は微妙に変わってきます。

 

たとえばエビアンであれば殺菌効果があり、子供にも安心して飲ませることができます。マグネシウムが含まれていても、味がまろやかなので、飲みやすい点もあります。そこで含有成分にも注意し、偏りが起こらないように、銘柄を変えるほうがいいですね。