与えるべきは栄養よりも水分

与えるべきは栄養よりも水分

肌は内臓の鏡です。

 

内臓のコンディションが悪ければ、肌のコンディションも悪化します。

 

もしも肌トラブルに頻繁に悩まされているなら、スキンケアの見直しよりも普段の食事メニューの見直しをしたほうが肌の回復は早くなります。

 

極端な偏食や食事制限を行っているダイエットは肌トラブルを引き起こす原因なのです。

 

あくまでも化粧品が出来ることはサポートまでのことです。

 

そのため肌トラブルに悩まされているからと、必死に化粧品で栄養を与えても、うまく肌が吸収しないことも多くあります。

 

なぜなら身体自体が弱っているのですから、うまく吸収できなくても当然です。

 

胃が不調なときに栄養のあるものを食べても、うまく消化できないことと同じことが肌でも起こるのです。

 

 

肌の不調が続いたら、食事メニューを疑う

 

 

そこで食事内容の改善を行いながら、肌の不調を改善するには水分をしっかり与えてあげることです。

 

ミネラル分の多いミネラルウォーターをこまめに飲むこともおすすめですが、スキンケアという観点で行けば、水分補給効果の高い化粧品でのお手入れが重要です。

 

保湿は肌を美しく、丈夫に保つために欠かせないステップですし、食事だけではなかなか上手くいかないこともあるからです。

 

肌に栄養を与えるべき時期と保湿を中心にすべき時期がありますが、女性の一カ月のサイクルの多くは保湿ケアに重点を置いた方が良い時期があるのです。

 

サプリメントで足りない栄養素を補って、という方法もありますが、やはり理想はきちんと食事で摂ることが肝心です。

 

事実、食事がきちんと栄養バランスが取れていれば、スキンケアはかなり簡単になるのです。

 

肌から栄養を与えても、なかなか吸収がしにくいのが事実です。その代わりセラミドなどの美容成分は無理なく肌へ吸収されます。

 

少しでも肌の不調が続いたら、化粧品よりも、自分の食事メニューを疑ってみましょう。