ヨーロッパ女性に学ぶ

ヨーロッパ女性に学ぶ

日本は湿度が高い環境で、肌には比較的に良い風土だと言えます。

 

ところがヨーロッパは乾燥した風土で肌には過酷な環境にもあります。

 

それでもヨーロッパ女性も美肌になりたいという願いは変わりませんし、スキンケアも工夫しています。

 

多くのヨーロッパに滞在した経験のある日本女性が驚くのは、ヨーロッパの女性はクレンジングを済ませて、シャワーを浴びたら、すぐにクリームを塗ってしまうことです。

 

また体内から水分を肌に送り込むために、上質な水をこまめに飲みます。

 

また皮脂をうまく出すためと、肌のためにも大切な不足しがちなビタミンB群を補うためナッツをよく食べています。

 

またスキンケアに関心が高い女性は美容液を重ねづけしたりして、より肌のうるおいを補う習慣もあります。

 

ヨーロッパ式スキンケアで肌を立て直す

 

 

乾燥を防ぐための知恵として、水分を外側から与えるよりも、内側から与えるほうが、ヨーロッパの場合は効率が良く、そのうえで保護膜としてクリームを使うわけです。

 

ヨーロッパの女性は化粧水に頼って、保湿することが難しいことも、深く関係しています。

 

また同じようなステップでスキンケアを続けるよりも、肌で何が不足しているかを把握して、クリームだけで十分か、美容液もプラスすべきか、パックでもっと肌をいたわるべきか、も考えているわけです。

 

与え過ぎの方が彼女たちには肌への負担が大きくなってしまう、という考え方もあるようです。

 

日本女性の肌は美しいと言えますが、与え過ぎで肌トラブルを起こす方も多くなってきています。

 

そこでときにはストイック過ぎるようなヨーロッパ式スキンケアで肌を立て直すのも、美肌を育む方法になっていくはずです。

 

ニキビに悩んでいるなら、皮膚科での治療を済ませてから、スキンケアでニキビのできにくい肌を育むように、今の肌の立て直しも与え過ぎをやめてみると、解消できることも多いのです。