省いても平気なステップを自分で見つけよう

省いても平気なステップを自分で見つけよう

ベーシックなスキンケアはクレンジング、洗顔、化粧水、美容液、クリーム(あるいは乳液)となりますよね。

 

クレンジングのように絶対に省略できないステップもありますが、自分の肌コンディションを見直して、省けるステップもあるはずです。

 

たとえばオイリーな肌に悩まされているなら、クリームでの保護は不要になります。

 

逆に乾燥が酷い肌の方であれば、洗顔料を使って行う洗顔は不要になっていきます。

 

決められた通りにすべてを行うことは、実は必要ではないのです。

 

あくまでもスキンケアは自分の肌が決めてくれることなのです。

 

省略できないステップだけをきちんと行っているだけで肌が急に健やかに変わっていくこともあります。

 

あるコンビネーション肌に悩まされている方は洗顔料を使っての洗顔をやめ、拭き取りタイプのクレンジングに変え、皮脂が気になるときだけ、軽くぬるま湯で洗うだけに変えたら、肌のバランスが良くなったといいます。

 

また肌のキメが気になる場合、美容液でのケアを集中させて、肌が回復することもあります。

 

いうなれば化粧水だけでの水分補給が出来ていなかったということが、これで理解できたことでしょう。

 

 

客観的に自分の肌を把握すること

 

 

面倒なステップを毎日続けても、肌が回復しない場合、問題になっているのは食事メニューの栄養バランスで、化粧品は与えすぎで肌が悲鳴をあげているということも多々あります。

 

実際には健康で美しい肌を育むためには化粧品は必要なものだけあれば良いのです。

 

不要なものがあることは、なかなか気が付かないものですが、今の自分の肌をきちんと把握してみれば、省略できるステップは必ずあります。
そこでスキンケアを気楽に行うためには、客観的に自分の肌を把握することも重要なのです。

 

今の肌に合うケアをすることがもっとも大切なのです。また不要なケアは省く勇気を持ってください。