乾燥で肌がダメージを受けたら

乾燥で肌がダメージを受けたら

現代社会はエアコンなどの普及や環境の変化、食生活の変化で乾燥しがちな肌タイプの方が増えています。

 

そこであれこれとスキンケアでも保湿ケアを中心に心がけている方も多いのではないでしょうか。

 

ただし化粧水をたっぷりと使っても、肌へのうるおいが足りない場合は、に頼ったほうが良いですね。

 

化粧水でも保湿効果が素晴らしいものもありますが、体温ですぐに水分が蒸発してしまうこともあり、肌の奥まではなかなか水分が行き渡らないこともあります。

 

その点、浸透性が高い美容液のほうが意外と乾燥によるダメージを修復してくれます。

 

特にオイリードライにお悩みの方であれば、化粧水をたっぷり使った後、そのまま乳液やクリームでフタをするよりも、保湿効果の高い美容液を挟んだ方が効果的です。

 

また乾燥が酷いとクリームや乳液をたっぷり使いたくなりますが、使いすぎは逆にニキビや吹き出物の原因になるので、注意が必要です。

 

 

気になる部分に重ねづけする

 

 

肌トラブルの多くは乾燥によるものです。

 

保湿がしっかりできていれば、肌悩みの多くは解消できます。

 

特別な美容成分を配合していなくても、保湿効果が高いものであれば、問題はありません。

 

基本になるのは、肌へどれだけうるおいを与えられるかなのです。

 

乾燥を和らげるコツとしては、一回つけてみて、少し間をおいてから、肌のコンディションを確認し、まだ気になる部分に重ねづけする、ということです。

 

規定量よりも肌が必要としている量を使うことが重要になるのです。だから最近では説明書にも「適量」と記載されているのです。

 

まず、肌のどこが乾いているか、ひりつきやすいかを確認してから、スキンケアを行いましょう。

 

乾きがひどくなっているところは、それだけぐんぐん浸透していきますから、手で触って確認して、スキンケアを行う習慣をつけましょう。