肌の不調の際には使う化粧品を省く!

肌の不調の際には使う化粧品を省く!

大人ニキビが急にできてしまったり、かさつきが気になっているような肌にはあれこれ化粧品を使いたくなるものです。

 

ところが必死に美容成分を与えても、肌の吹き出物や大人ニキビが増えたりと、逆効果になる時期もあります。

 

実はこういうときの肌はクレンジングをしっかりおこなってから、うるおいを与えておくだけでいいこともあります。

 

美容液などが効果を発揮できるのは肌が健康なときです。

 

不調に陥っている時期の肌は、たくさんのステップをスキンケアで行うことが向いていないのです。

 

いうなれば栄養の与え過ぎを行っても、肌自体が処理しきれなくなってしまい、吹き出物や大人ニキビという形でのSOSを出すようになるのです。

 

そこで肌に不調が起こった場合、まず原因をつかむことが重要なので、実は化粧品に頼るよりも、皮膚科に頼ったほうが肌は治るのが早いのです。

 

その際にスキンケアのステップを相談してみても、いいでしょう。

 

多くの皮膚科医は化粧品でも保湿を目的にしたものだけを少なく使うことをすすめています。

 

簡単にいえば、肌にあった化粧水を根気よく肌にパッティングしてから、薄くクリームをつけておくだけでいいわけです。

 

クレンジングと保湿、保護に徹する

 

いうなればステップをクレンジングと保湿、保護に徹することで、回復していきます。

 

魅力的な効果を謳っている美容液なども多くありますが、不調に陥っている肌と相談し、今は休止しておくかも決めてこそ、美肌に回復するのです。

 

特にアンチエイジング効果の高い化粧品はそれだけ肌へ負担がかかることもあり、肌が疲れやすいという時期もあります。

 

使った後でうまく肌が吸収できない状態であれば、それは休止してほしいという肌のサインです。

 

最初はシンプルなお手入れが不安に感じることもありますが、肌を立て直すためには、少しスパルタでいかなければ、回復力が弱ってしまいます。