皮脂が気になるときほど保湿を

皮脂が気になるときほど保湿を

年中、過剰な皮脂に悩まされ、あぶらとり紙が手放せない、という方も少なくはないことでしょう。

 

ところが肌の水分バランスが良ければ、皮脂は適度に抑えられ、肌のコンディションが良くなっていきます。

 

もしもあぶら浮きに悩まされているなら、その面を見るよりも、自分の肌の感想を疑ったほうが、実は解消も早いのです。

 

そもそも天然の保護クリームとして出ている理由を考えていけば、肌の保護バリアが弱っているからこそ出ているのです。

 

そこで必要なのは、オイルカットではなく、保湿なのです。

 

肌の水分が足りてないからこそ、「保護クリーム」が過剰に出ていることを自覚しましょう。

 

特に20代に入っているなら、保湿をスキンケアの重点にしたほうが、嫌なあぶら浮きからの開放は早くなります。

 

そこで用意したいのは、安くて、しかも肌にあっている化粧水です。

 

保湿効果のある美容液も効果的ですが、最終手段に取っておくほうが、スキンケアは気楽になります。

 

クレンジング、洗顔のあと、単に化粧水をつけるのではなく、何度も肌に行き渡らせるように、重ねづけしてみるだけでも、肌はだいぶ変わっていきます。

 

20代の若い肌ならなおさらです。重ねづけの方法もコットンでも良いですし、手のひらでも良いですし、スプレーしたあとハンドプレスでなじませても良いでしょう。

 

 

あぶら浮きが多いのは、肌が本当は乾燥に悩まされている

 

 

過剰な保湿は肌トラブルの原因になりません。むしろ予防になります。

 

保湿の仕上げになるのは乳液やクリームですが、乾燥しやすい部分であっても、ごく薄くつけておくだけで十分です。

 

20代に入っているのにあぶら浮きが多いのは、肌が本当は乾燥に悩まされているサインだと知っておくと、あれこれ化粧品を使うことなく、解決できます。

 

またクレンジング剤や洗顔料も肌にあっているのかを確認してみたほうがいい場合もあります。この2つが肌のうるおいを奪っていることもあるからです。