口コミはあてにならない

口コミはあてにならない

情報の中で勢力が最もあるのは口コミかもしれません。

 

実際に化粧品を買いに行く際に、口コミを参考にする方も多いことでしょう。

 

そこに問題があります。

 

その口コミは誰が発しているか、自分の肌タイプと同じか、ということです。

 

実際には有名なコスメ情報サイトでも、化粧品メーカー自体が行っていることもありますし、またサンプルだけでの判断で行っている方も多くいます。

 

サンプルだけでの判断を信頼できますか?

 

またまったく同じ肌タイプだと言い切れないのではないでしょうか。

 

同じ乾燥肌でも、敏感肌に近い方もいますし、乾燥していても比較的に丈夫な肌の方もいます。

 

オイリー肌でも弱い方もいるというわけです。

 

そこでスキンケア方法に関しても、その人にはあっているけれど、自分には合っていない可能性もある、と知っておくことが大事です。

 

化粧品と同じで、まったく同じスキンケアをしても、結果が出ない場合もあります。

 

憧れているモデルや女優の美容法は試してみたくなりますし、愛用している化粧品も使ってみたくなるのが人情です。

 

 

自分に合っているか

 

そこで考えてみなければなりません。

 

しかし自分に合っているか

 

巧妙な広告であることも増えていて、今は信頼できないものなのです。

 

もしも簡単でしかも肌への負担がないスキンケアの方法を調べていくなら、肌の専門家である皮膚科医に相談した方が簡単に自分にあった方法がつかめます

 

興味のある化粧品ならば、最寄りのカウンターでつけさせてもらって、しばらく時間を置いてから自分の肌の反応を見たほうが判断は簡単です。

 

情報が氾濫しているからこそ、ありあまる情報を自分自身で選択していくことが必要な時代です。

 

スキンケアにも同じことが言えます。

 

誰かに頼りっきりで、情報に流されるのでは、いつまでも気楽に肌をお手入れすることが出来ないままです。