カバー力のあるメイク下地について

カバー力のあるメイク下地について

 

ほどよくカバーするメイク下地や透明で肌の質感を整える効果の高いメイク下地もありますが、カバー力が高いメイク下地も人気があります。

 

こういうメイク下地はほとんど薄いファンデーションとも呼びたくなるほど、肌の「ノイズ」を隠してくれます。

 

非常に便利ではあるのですが、こういうカバー力が高いものを使って、さらにファンデーションを重ねると、ちょっとドレッシー過ぎる肌に仕上がってしまうのが難点です。

 

パーティーやお祝いの席ではいいのですが、オフィスなどではメイクが厚い、あるいは派手に見えてしまうということで、そぐわないわけです。

 

しかしこういう役割がはっきりしているメイク下地も普段使いができないわけではありません。

 

メイクが崩れやすい額から鼻にかけてのTゾーンだけに使ってみたり、ファンデーションの代わりに使い、フェイスパウダーで軽く仕上げることもできます。

 

もしもカバー力の高いメイク下地を買って持て余しているなら、フェイスパウダーを活用してみましょう。

 

 

ファンデーションより、仕上がりが軽い

 

 

肌の「ノイズ」をメイク下地の役割として目立たなくさせてくれますし、さらにフェイスパウダーで肌の質感はきれいに整います。

 

ですから「とっておき」としてそのまま大事に(というか持て余しながら)保管するよりも、普段使いにどんどん活用していいのです。

 

こうした活用法でドレッサーの混雑は緩和されるはずです。

 

それにメイク下地が思っていたよりもカバー力があった場合も、この活用法でうまく使いこなすことも可能になります。

 

またメイク下地の場合、やはりファンデーションより、仕上がりが軽くなります。ですから薄くメイクしたい場合でもいいですね。