ファンデーションを上手に使うために

ファンデーションを上手に使うために

 

肌の色には合っているけれど、なぜなのかうまく肌メイクが仕上がらないファンデーションは意外とストレスになるものです。

 

ツヤが出すぎたり、逆にマットすぎて肌のアラが目立ってしまうファンデーションではメイクもうんざりしてしまうでしょう。

 

そういう場合、メイク下地に頼って上手に使う方法もあります。

 

パウダリーファンデーションでも、リキッドファンデーションでも、メイク下地で相性のいいものを選ぶと、肌メイクの仕上がりが自分好みになるのです。

 

メイク下地の役割は肌のコンディションをカバーし、ファンデーションのフィット感を高めることです。その役割の中の「肌のコンディションをカバーする」という部分に頼って、肌メイクを好みに変えてみるというわけです。

 

ツヤが出すぎるならメイク下地で皮脂を抑え、あえてファンデーションは軽くフェイスブラシで乗せておくと、ほどよいツヤ感だけになって仕上がりが上品になります。

 

 

メイク道具の中にフェイスブラシもプラスしておく

 

 

またマットすぎる場合、メイク下地をツヤの出るものにし、ファンデーションを使う量をパーツで変えておくようにしてみると、ほどよくマットでツヤもある肌メイクに仕上がります。

 

使っているファンデーションに不満がある場合、処分する前にメイク下地の役割に頼ってみることをおすすめします。

 

またメイク道具の中にフェイスブラシもプラスしておくと、ファンデーションを軽く乗せたいときだけではなく、フェイスパウダーをはたき過ぎたときに余計な部分を払うためにも使えるので、おすすめのメイク道具です。

 

今、手持ちのファンデーションに不満があれば、メイク下地をプラスしてみましょう。十分に役割を果たし、仕上がりを美しくしてくれます。