肌に悩みがある人ほどメイク下地は強い味方

肌に悩みがある人ほどメイク下地は強い味方

 

肌の悩みがあるとすれば、それぞれ肌タイプも変わり、一言でこれが悩み、と言い切れないというのも事実です。

 

オイリー肌にはオイリー肌の悩みがありますし、乾燥肌には乾燥肌の悩みがあります。それに健康そうな普通肌でもやはり悩みを密かに抱えていることも珍しくありません。

 

それぞれの悩みをカバーしてくれる役割があるのが、メイク下地です。

 

メイク下地にもいろいろなタイプがあります。皮脂を抑えてくれるもの、保湿を持続して行うもの、つるんとした質感に仕上げるもの、とあれこれ肌の悩みをカバーするものがあるのです。

 

ですから肌の悩みがファンデーションだけではカバーしきれない場合、メイク下地の役割を考え、自分に合うものを選んで使うことも、厚化粧にならないように仕上げるコツです。

 

いうなればメイク下地の役割は肌の悩みの補修ともいえる部分が大きく、ファンデーションだけに頼りきれない場合は使ってみたほうが、ファンデーションを買い直すよりもお得だと言えます。

 

 

肌の悩みをほどよくカバーすること

 

 

多くのファンデーションはメイク下地なしでもきれいに仕上がるように、と考えられていますが、それでも肝心な肌の悩みをカバーしきれないこともあります。

 

そういうときにはメイク下地にサポートしてもらうのも、うまく肌メイクを完成させる方法になります。

 

毛穴が目立っている、シミやそばかすが気になる、くすみが治らない、赤みが強いのが気になるなどの悩みを軽くカバーし、ファンデーションを厚く塗らないで、コンシーラーも最小限に済ませることができる役割を持っているのがメイク下地だと覚えておきましょう。

 

メイク下地の役割はいうなれば肌の悩みをほどよくカバーすることにあるのです。