メイク下地なしで行ける肌は幸い

メイク下地なしで行ける肌は幸い

 

「メイク下地なしでも別に困ることがない」

 

という肌の持ち主は幸運と言えるでしょう。それだけ肌のコンディションもいいわけですし、肌の「ノイズ」をカバーしてからファンデーションを使う必要がないからです。

 

つまりメイク下地の役割を必要としない肌であることを幸運だと考えてもいいでしょう。

 

カバー力の強いファンデーションを使うわけでもなく、軽く使うだけで肌メイクが完璧に行える肌の場合、メイク下地は不要です。

 

しかし年齢を重ねていくと、どうしても肌の「ノイズ」は増えてきます。肌そのものが衰えていなくても、ファンデーションのノリが悪くなったり、コンシーラーをたくさん使わないと肌の「ノイズ」を隠せなくなるからです。

 

スキンケアで肌を整えるだけで十分にファンデーションがきれいに乗るのであれば、メイク下地はあまり必要に感じることがないわけです。

 

とはいえ肌がどんなに美しく、健やかであっても、肌の保護は後々のためには必要になります。

 

そういう場合は紫外線対策を考えられているメイク下地とフェイスパウダーで仕上げておくことをおすすめします。

 

 

メイク下地の役割が軽いファンデーション

 

 

メイク下地の役割が軽いファンデーションになるわけです。メイク下地が落ちにくくなるようにするためとさらに紫外線を肌に寄せ付けないためにフェイスパウダーを使えば、肌メイクはかなりきれいに出来上がります。

 

ファンデーションを使うほどのメイクはしたくないけれど、軽く肌メイクし、紫外線対策もしたいという方であれば、紫外線対策の役割も持っているメイク下地を用意しておくのも良い方法です。

 

また肌色のフェイスパウダーや透明感を出せるフェイスパイダーと使い分けてみてもいいですね。