肌の準備をメイク下地で行う

肌の準備をメイク下地で行う

 

肌がぴちぴちでメイク下地を使う必要性を感じない方もいるでしょう。

 

くすみやシミ、赤みや肌の乾燥を感じないのであれば問題はない、と思うものですし、事実そうでしょう。

 

とはいえスキンケアという形を取って、ファンデーションやフェイスパウダーを使うために肌の準備は行っているはずです。この場合、肌の準備には十分にスキンケアで使ったアイテムがなじむのを待ってから、ファンデーションやフェイスパウダーを使っていることが多いですよね。

 

肌でカバーしたい部分がまったくないという羨ましい肌であれば、それでもいいのです。

 

しかしながらメイク下地の役割を思い出し、さらにファンデーションのフィット感を良くするため、透明なものを使うとメイク崩れをかなり防げるのです。より肌にファンデーションを密着させるわけです。

 

多くのファンデーションを研究開発している化粧品ブランドは同時に自分のブランドのファンデーションに合わせたメイク下地も開発しています。肌メイクの完成度も上がりますし、さらに崩れにくくしてくれる役割があるものなのです。

 

 

メイク直しの回数はぐっと減らすことができます

 

 

そこで「あまりメイク下地を使う必要がない」と感じていても、メイク崩れを防ぎ、肌メイクの完成度を上げるため、利用したほうがメイク直しの回数はぐっと減らすことができます。

 

スキンケアだけではカバーしきれない部分をメイク下地が担うわけです。またメイク下地を使っておくと、肌メイクの仕上がりを長時間キープできますし、崩れてきても部分的に直せばいいだけになります。

 

肌の準備のスキンケアを行った後、さらに肌メイクの完成度と崩れにくいようにする準備のため、メイク下地を使ってみませんか。

 

ちょっと面倒に感じるステップかもしれませんが、その日1日が楽になりますよ。