そもそもメイク下地って何?

そもそもメイク下地って何?

 

メイク下地は出回っているけれども、その役割が何にあたるのか、と考えたことがありますか?

 

実際、現在、出回っているファンデーションは優秀ですから、あまり必要に感じないため、役割がわからない、という方のほうが多いかもしれませんね。

 

本来、メイク下地の役割になるのは、肌の下準備を行うことです。肌をなめらかに整えたり、くすみをカバーするために使うわけです。

 

またメイク下地で肌を下準備しておくと、ファンデーションが崩れにくいので、つかわないよりも使ったほうが、仕上がりがきれいになります。

 

中には紫外線対策を考えてあるメイク下地もあり、使うほうが肌メイクも肌の衰えも予防することができます。

 

またオイリー肌の方のお悩みは自分の皮脂でファンデーションがよれることでしょうが、皮脂を適度に抑えてくれるメイク下地を使っておくと、崩れにくい仕上がりになるので、試してみるのもいいでしょう。

 

逆に乾燥肌が原因でファンデーションが粉っぽくなりがちな方の場合、保湿効果のあるメイク下地でカバーすることもおすすめです。

 

 

メイク下地でカバーする

 

 

メイク下地の役割はこのように考えていくと、スキンケアだけではカバーしきれない肌の問題を修正することも大きいと言えます。

 

また肌のくすみや目立つ毛穴を目立たなくさせる効果を持つものもあって、ファンデーションを使い、コンシーラーを重ねて隠すよりも、肌の下準備にメイク下地を使うほうが軽い仕上がりになるということも見逃せません。

 

役割としては非常に多岐にわたっているのです。

 

肌には色ムラや毛穴、シミ、そばかす、くすみ、赤みといった「ノイズ」があることのほうが多いわけですよね。

 

そのような肌にメイク下地を使って軽くカバーしてから、軽くファンデーションを使うほうが自然な仕上がりにもなるのです。