メイク下地の個性で選ぶ

メイク下地の個性で選ぶ

 

メイク下地を選ぶ際に、そのメイク下地の個性というか特性で選ぶ方法もあります。肌色を明るく変える効果があるものや毛穴開きを目立たなくさせる効果のあるものを部分的に使うのも、肌メイクを美しく仕上げる良い方法です。

 

もともとメイク下地の役割はファンデーションを肌によりフィットさせ、肌のコンディションのカバーですから、そこに個性がプラスされているものもあるのです。

 

そのためメイク下地の特性によって、肌メイクも同じファンデーションでも仕上がりを変えられるというわけです。

 

ファンデーションの色が肌に合っていても、カジュアルな雰囲気のメイクに仕上げたいときやきちんとした印象に仕上げたいときはメイク下地に頼ってもいいのです。

 

そこでメイク下地の役割を頭に入れる一方で、個性や特性、効果を把握しておくのも、選ぶ基準になります。

 

ですから同じメイク下地ではなく、何種類か用意して、肌メイクを少しずつ変えてみるのもさまざまなメイクを楽しめるようになります。

 

 

プチプラのメイク下地を選んでおく

 

 

役割自体は肌の下支えですが、面積を多く使うという部分があるので、メイク全体そのものに与える効果は大きいと言ってもいいでしょう。

 

またメイク下地の個性を生かして肌メイクに変化をつけたいとき、あえてパフではなく、大きめのフェイスブラシを使って軽く乗せていく方法もあります。

 

いつも同じメイクでは面白味に欠けますし、いくつもファンデーションを用意するのも費用が気になります。

 

その点、メイク下地はファンデーションよりも価格が安いので揃えやすいという利点があります。役割を考えながら、特性や個性、肌メイクでの効果を考えてプチプラのメイク下地を選んでおくと、肌メイクのバリエーションが広がります。