メイクのノリが悪いときこそメイク下地

メイクのノリが悪いときこそメイク下地

 

肌のコンディションが思わしくないのでメイクのノリが悪いときや唇が荒れてしまい口紅が乗らないときがありますよね。

 

そうしたときもメイク下地は本来の役割になっているファンデーションを肌にしなやかにフィットさせたり、唇用のメイク下地なら唇のガサガサした荒れを抑えて口紅が乗るようにしてくれます。

 

もしもメイクのノリが悪いときは、強引にメイクを仕上げるよりも、スキンケアの次にメイク下地を使ってなじませたほうが得策です。

 

スキンケアだけではうまく肌のコンディションが整えられなかったり、唇の荒れが押さえられないときも、メイク下地の効果でなんとかメイクが乗りやすいコンディションを作ることができます。

 

肌メイクに関して言えば、メイク下地の役割が肌メイクの完成度と崩れにくさを約束してくれます。

 

 

トラブルをカバーするメイク下地を見つけておく

 

 

リップメイクはケアも重要ですが、唇が荒れやすい方はリップケアにも力を入れながら、唇用のメイク下地やコンシーラーを用意しておくと、リップメイクで失敗は減ります。

 

どうしてもメイクのノリが悪いときはメイク下地の役割を思い出してください。すると憂鬱な気分からも解放されるでしょう。

 

特に季節の変わり目などの肌荒れしやすい時期のために、肌と相性がいいメイク下地を用意しておくと、助かることが多くあります。

 

そのため自分の肌がどういう形になると、メイクのノリが悪くなるかを把握し、そのトラブルをカバーするメイク下地を見つけておくと、鏡の前で困ることになりません。

 

まずメイク下地の役割で最も大きいのはメイクのノリをよくすることです。その役割も自分の肌がどういうトラブルを起こして、メイクのノリが悪くなるかを把握しておかないと決めにくいので注意しましょう。