肌の質感をメイク下地で整える

肌の質感をメイク下地で整える

 

肌コンディションが思わしくないとき、メイク下地の役割を実感できるでしょう。

 

メイク下地は肌の質感を整えたり、キメを上手にカバーする効果があるものがほとんどです。ですからメイクのノリが良くない肌コンディションの時期はファンデーションを厚塗りするより、メイク下地に頼るほうが仕上がりがきれいになります。

 

スキンケアを頑張っても、肌コンディションが思わしくない時期こそ、メイク下地の役割が必要になると言ってもいいでしょう。メイク下地の役割は単にファンデーションを肌にフィットさせるだけではなく、肌の質感も整えてくれるからです。

 

肌に嫌な感じの赤みが残っている、肌のくすみが気になる、荒れてまではいなくても乾燥した感じになっている場合などは、メイク下地でも肌色もカバーするものがおすすめです。

 

メイク下地だけでは完璧に肌メイクができるわけではない、というところがポイントです。いうなれば肌に負担をかけないわずかな量のファンデーションを使って、美しい肌メイクを完成させるようにするのです。

 

 

肌のカバーも兼ねているのがメイク下地

 

 

肌の質感を整えたり、キメをカバーする役目をメイク下地に任せ、ファンデーションは仕上げだけに使うようにすると、肌コンディションが思わしくないときでも肌メイクでカバーできるのです。

 

コンシーラーでしっかり隠すよりも、メイク下地で軽くカバーしただけの肌にさらに軽くファンデーションを使うほうが肌の負担も少なくなります。

 

役割は肌のカバーも兼ねているのが、メイク下地です。

 

厚いメイクは老け込ませてみせますし、肌の負担を考えるとあまりおすすめできません。そこでメイク下地の役割を考えて、上手に肌メイクに織り込む方法を覚えておきましょう。