メイク下地もパーツで変える使い方

メイク下地もパーツで変える使い方

 

「メイク崩れしやすい」というイメージは、多くの方は皮脂が多いオイリー肌の方を連想されるかもしれません。

 

しかし乾燥肌の方でも肌の乾燥が原因でメイクが崩れることがありますし、皮脂と乾燥が混在しているコンビネーション肌の方はもっと苦労が多いでしょう。

 

そこでメイク下地の役割を考え、そのうえそのメイク下地の特性も考えて、パーツごとに使用するメイク下地を変えてみる方法もおすすめの肌メイクの方法です。

 

皮脂が多い部分には皮脂をコントロールする効果のあるメイク下地を使い、乾燥しやすい部分には保湿効果のあるメイク下地を使うと、肌のバランスが整い、肌メイクは崩れにくくなります。

 

そういう使い方を行う場合は、自分の肌の特性を把握することも重要です。また現在の肌コンディションをパーツごとに把握して、メイク下地を使い分けてもいいですね。

 

乾燥していても、皮脂が多くても、ファンデーションは崩れやすくなると知っておくと、メイク下地の役割も深く理解できるでしょう。

 

 

自分の肌の特性を知っておく

 

 

肌メイクを崩れないようにさせるためには自分の肌を知ることも大事です。加えてメイク下地も自分の肌の特性をうまくカバーしてくれるものを探すようにすると肌メイクは非常に簡単ですし、メイク直しの回数も減ってくれます。

 

メイク下地の役割は最近では肌のコンディションをカバーする効果のあるものも増えています。ですから自分の肌の特性を知っておくと、メイク下地も選びやすくなります。

 

肌メイクの崩れを気にしないで過ごせるようにしてくれるのも、メイク下地の役割です。ただ肌のアラをカバーするだけではなく、コンディションもカバーできるのですから、求める効果のものをパーツに沿って選んで使ってみましょう。