メイク下地は意外と無意識に使っている

メイク下地は意外と無意識に使っている

 

シミやそばかす、紫外線によるシワを予防するためには、1年を通してすべてのシーズンでの紫外線対策が必要になります。

 

そのためUVカット剤をシーズンで変えながら無意識にお使いになっている方も多いのではないでしょうか。

 

多くの場合、UVカット剤は乳液タイプが多いのですが、中には自然な肌色でクリームタイプもあるでしょう。実はこれも大きく分類すれば、メイク下地の役割を果たしています。ですから無意識にお使いになっているともいえます。

 

たとえばファンデーションを塗らない日であっても、UVカット剤で自然な肌色のものを使い、上からさらに紫外線対策と仕上がりをきれいにするためにフェイスパウダーをはたいておけば、かなり薄いメイクをした感じに仕上がりますよね。

 

そうなるとやはり無意識にメイク下地を活用していることになります。

 

またメイク下地でもファンデーションを使うことも考慮しつつ、そのメイク下地だけでも十分に肌をきれいに見せるものもあるので、肌がきれいに見えるUVカット剤としてお使いになる方も多いわけです。

 

役割としてのメイク下地がこういう場合は肌の保護になります。また肌の保護という役割もメイク下地の担う部分でもあるのです。

 

 

紫外線対策になるのでおすすめ

 

 

ファンデーションを使うのがあまり好きではない方であっても、メイク下地の機能も持っているUVカット剤はお使いになったほうが、後々の肌の健康のためには好ましいといえます。

 

紫外線対策をしっかり行う機能があるメイク下地であれば、意外と抵抗なく使えるのではないでしょうか。

 

肌をきれいに見せる役割だけではないメイク下地も増えていますから、そういうタイプを選んで使うという方法も、美肌演出と肌の保護、紫外線対策になるのでおすすめです。