磨き過ぎは肌を疲れさせる

磨き過ぎは肌を疲れさせる

スキンケアに命をかけている、と言ってもいい方も少なくはないですよね。

 

いうなれば磨きあげれば、さらに美肌になれるという信仰にも似た知識が広まっています。

 

しかし多くの場合、磨き過ぎに陥っている方も多いのです。

 

たとえばクリームや乳液、オイルを肌がべたつくまで使うのは、肌には大きな負担になります。

 

肌が乾燥しているから、ついそうしてしまうのでしょうが、これでは肌は十分に保湿できているとは言えません。クリームなどはうるおいを逃がさないフタにすぎないのです。

 

毛穴汚れなどが取れるスクラブ洗顔を毎日行ったら、肌トラブルが起こるように、過度のピーリングを行えば、敏感肌になってしまうように、スキンケアのやり過ぎも肌を傷めてしまいます。

 

ほど良い加減が美肌を作ってくれるのです。このほど良さが難しいわけですが、少々、物足りない、と感じるくらいでいいのです。

 

磨き過ぎの方が危険です。

 

すると肌が再生しにくくなるのです。

 

 

肌を疲れさせない

 

 

クレンジングは惜しみなく使い、しっかり汚れや余計な皮脂を取って、うるおいを与えておけば、肌は健やかでいられます。

 

うるおいを与える方法は化粧水の重ねづけでも、保湿効果の高いシートマスクでも良いでしょう。その保湿ケアで肌の再生力は高まります。

 

そしてときには自分の肌のコンディションを触って確認してみることで、必要なお手入れがわかってくることでしょう。

 

うるおいを与えるのは化粧水が良いか、美容液が良いか、シートマスクがいいかという判断もできるようになれます。

 

クレンジングをしてからの肌を確認しておくと、スキンケアのどのステップを省いてみるかを考えておくと、美肌に意外と近道が出来てしまうのです。

 

肌を疲れさせないことこそ、美肌への道なのです。

 

ですから賢く肌のお手入れは手抜きをしてみましょう。