化粧品サンプルコレクターになるべからず

化粧品サンプルコレクターになるべからず

コスメフリークという存在が増え始めた頃、化粧品メーカーを悩ませたのはサンプルだけしか取りよせないという「自称コスメフリーク」たちだそうです。

 

確かにサンプルがあれば、肌に合うかどうかを判断しやすいという利点もありますが、基本的にはこれは「肌がかぶれないか」を判断するものだとしたほうが良いでしょう。

 

しかし中にはコレクターもいますから、本末転倒だといえるでしょう。

 

またサンプルだけでスキンケアに満足する、あるいは化粧品の良し悪しを無責任に垂れ流すのは、正直な話、美しい姿ではないですよね。

 

化粧品メーカーがなぜサンプルを用意しているか、という理由は、「その製品の良さ」を知ってもらうという意味もありますが、本当のことを言えば「その人の肌に問題がないかどうか」を判断してもらうことです。

 

スキンケアに使う化粧品は肌に合っているものを選びたい、だから参考のためにサンプルをもらうならいいでしょう。

 

しかし高級だから買えない。それならただでもらって満足する、というのはやめた方が良いでしょう。

 

 

スキンケアは自分のお財布と見合ったもの

 

 

スキンケアのために用意されている化粧品は今は安くていいものも豊富にあります。自分のお財布と見合わないものは無視してもいいわけです。

 

ブランドに憧れているにしても、単にコレクションが目的なら、もらうべきではありません。スキンケアは自分のお財布と見合ったもので行わないと、続かないですし、続けなければ意味もありません。

 

コスメフリークと名乗るなら、身の丈にあった価格の中で、肌に合うものを探し出す能力がなければなりません。

 

サンプルで気に入ったならば、ちょっと奮発して買うくらいの気持ちがなければ、名乗るべきではありません。コレクターなどもってのほかです。

 

スキンケアは非常に基礎となる美容なのです。

 

ただでもらったものを使い捨てにして、加えて、あれこれいうのは、みっともないのでやめましょう。