洗顔は自分の肌と相談して

洗顔は自分の肌と相談して

 

「洗えば洗うほど、良い」

 

という思い込みが強い方も多いことでしょう。

 

洗うことで気分がさっぱりするからという方も多いですが、面倒になることもありますよね。実は水が上質であっても、肌のコンディションによっては、その水すらもダメージを与えてしまいます。

 

特に乾燥が気になる方は要注意です。

 

コンビネーション肌で乾燥と皮脂が多過ぎる部分に悩まされている方も同じです。

 

特に洗顔料はマイルドな処方にされているにしても、皮脂と共に汚れを落とすものです。

 

保湿成分が配合されていても、洗い流すのですから、肌に残ってくれないわけです。

 

そのため必要な肌のコンディションなのかを自分自身で把握しておく必要があります。

 

「洗顔こそ、美肌への近道」

 

というのは、皮脂の分泌も活発なうえに、肌の水分量が豊富な年齢までのことです。

 

肌のコンディションによっては、ぬるま湯で軽く洗うだけで十分な場合もあります。

 

 

泡でマッサージをする

 

 

またクレンジング用の拭き取り化粧水をコットンに含ませて拭き取るほうが良いこともあります。

 

汚れが蓄積しそうに思えるかもしれませんが、メイクなどはクレンジングで十分に落ちます。また睡眠中に皮脂が出過ぎる時期も稀なことです。

 

また泡を使って洗うといいますが、これは泡を肌に押し付けて、汚れを吸収させるためです。泡でマッサージをするわけではありません。

 

この基本を知っておくと知らないでは、肌の老化の進み具合は変わります。

 

拭き取り化粧水でも保湿効果があるものを用意しておくと、乾燥気味であっても、かなり肌はうるおいをキープしたままでいられます。

 

毛穴詰まりが気になったら、AHAなどピーリング効果のある拭き取り化粧水をコットンに含ませて、拭き取ればきれいに毛穴詰まりも取れてしまいます。

 

このような「手抜き」も意外と肌の健康には効果的なのです。