スキンケアはあくまでサポート役

スキンケアはあくまでサポート役

ダイエットをしていない方の方が少数派ですね。

 

中には「これ以上やせてしまったら、骨だけしか残らないでしょう?」と心配になる方もいます。

 

そういう方の多くが訴えるのは自分の肌を高級な化粧品でお手入れしても、なかなかきれいにならない、ということです。

 

若さで肌が健やかであっても、ニキビが治りにくいなどの問題を抱え、ティーンエイジャーでありながら、コスメジプシーに陥ったり、皮膚科ジプシーになっている方も増えています。

 

スキンケアは確かに重要なことではあります。

 

ところが基本的にスキンケアは肌の健康を保つためのサポート役でしかありません。

 

重要なのは食事です。

 

栄養素が不足していたら、再生していくはずの肌も再生できないのです。

 

高級な美容液を買ってみる前に、自分が摂っている食事のメニューを見直す方が実は現実的です。

 

食事で摂った栄養素が肌を再生させたり、回復させるためには重要な役割を果たしています。

 

ダイエットを行っている方の多くは、正しい食事で体型を変えようとしているのではなく、単にカロリーを落とすことで体重を落とそうとしています。

 

それでは肌にまで必要な栄養素がまわりません。

 

スキンケアは自分の肌だけではできないことをするものです。それが洗顔であったり、保湿になります。

 

ところが身体の内部から健やかでなければ、肌も美しくはなれません。

 

 

食事がおろそかでは美肌にはなれません

 

 

高級な化粧品を揃えて、必死にお手入れしても、食事がおろそかでは美肌にはなれません。

 

逆にいえば、正しく栄養素をバランスよく摂っていれば、スキンケアは手抜きしても、ある程度カバーできてしまうのです。

 

高級な美容液よりも、1個のアボカドが美肌へと整えてくれます。

 

もしも今、食事制限を課したダイエットを必死に行っているなら、辞めたほうが賢明です。

 

むしろきちんと食べ、そのうえで適度な運動を行ったほうが、美しい身体が出来あがります。

 

また新陳代謝もあがり、肌も美しくなりますよ。