睡眠中に肌のダメージは回復する

睡眠中に肌のダメージは回復する

 

生物すべてに言えることですが、生きている間、細胞は毎日生まれ変わっています。

 

 

生まれ変わりを実感しやすいのは、どちらかといえば女性のほうで、生理があることで自分の身体そのものがリセットされていることの節目がわかるわけです。

 

 

生理は体内からの生まれ変わりですから、かなり大掛かりですし、人によっては面倒で仕方ないものです。しかし女性のほうが肌は美しいことが多いのは、生理という節目で体内に溜まっている老廃物が一掃されるからでもあります。

 

 

ただしこのリセットは毎晩行われていて、肌のダメージも回復しています。その時間が睡眠なのです。

 

 

睡眠中はいわば余計なエネルギーを使うことがありません。そのため生命維持に必要ない部分の修復にエネルギーを使うことができるわけです。

 

 

また「睡眠のゴールデンタイム」とされる夜10時から深夜2時は肌のダメージを回復させる成長ホルモンが多く分泌されますから、肌のダメージが睡眠中に回復し、不要になった細胞が排出され、新しい細胞になります。

 

 

肌の不調を感じている場合、睡眠不足が原因であることは、もう珍しくはありません。それだけ現代人は夜型になっているのです。

 

 

夜更かしは肌のためにもよくはありません。回復のための時間を奪うようなものなのです。

 

 

睡眠時間も少なくとも6時間

 

 

ただしなかなか夜10時に就寝するのは難しいものです。ですからせめて深夜12時には就寝する習慣をつけていくだけで、肌の不調が解消され、ダメージも回復していきます。

 

 

また睡眠時間も少なくとも6時間は確保しておきたいものです。起きている間に受けているダメージから回復させるには、それだけの時間が必要だからです。

 

 

身体のリセットのためだけではなく、肌の回復のためにも、睡眠時間の確保は非常に重要です。原因不明の肌の不調の原因が睡眠不足ということも多いのですから。