安眠できる食品ってあるの?

安眠できる食品ってあるの?

 

睡眠美容の意味合いで、欠かすことができないのは「安眠」というキーワードです。

 

 

ぐっすり眠れない場合は、心身を休められませんし、肌や髪の再生も十分ではなくなってしまうからです。

 

 

そのため安眠に効果的な食品を摂っておくことも、なかなか寝付けない方にはおすすめの方法です。

 

 

良く知られているのは、牛乳です。牛乳にはトリプトファンという睡眠を誘う成分が含まれています。ホットミルクにして飲むと身体も温まりますし、眠りやすくなる効果があるのです。

 

 

ただし牛乳が体質的に合わない、うまく消化できない、という方も少なくはありません。日本人の多くは牛乳に含まれている乳酸の消化酵素を持っていないからです。そのため栄養士の中には牛乳をすすめない方も多いのです。

 

 

食品で安眠を得たいという場合でも、牛乳のトリプトファンに頼れない場合は何かを食べるよりも、精神をくつろいだ形に変えてくれる香りと身体を温める効果を持つハーブティーもおすすめです。

 

 

ハーブティー

 

 

ハーブティーには睡眠を妨げるカフェインが含まれていませんし、暖かい状態で飲めば、無理なく身体を温めます。

 

 

おすすめのハーブティーではリンゴのような香りのするカモミールが入手しやすく、また飲みやすい味です。香りもそうですが、身体が心地よく温まってくれば、意外とよく眠れるようになれます。

 

 

安眠のためには空腹になり過ぎないことも重要ですが、何かを食べるのは刺激になるので、やはり避けたほうが賢明です。

 

 

しかし長ネギと生姜の入ったスープも身体を温める効果で眠りやすくしてくれます。またスープであれば消化も良く、お腹に溜まらないので、刺激も少なくなってくれます。

 

 

食品選びも消化のよさを重視し、身体を温める効果を考えれば、安眠を約束してくれるのです。ただし食べ過ぎは眠りにくくさせるのでNGです。