眠らないと太る、という事実

眠らないと太る、という事実

 

睡眠は健康のためにも、美容のためにも欠かせません。

 

 

眠っている間は起きている間に受けてしまったダメージの修復を行う大事な時間だからです。いうなれば眠らないままでは、身体は修復しきれなくなってしまいます。

 

 

これはダイエットでもいえることです。

 

 

実は眠らないとやつれるのは最初だけのことで、そのあとは太り始めていきます。この原因はつい食べてしまう夜食も関係していますが、本当の原因はホルモンバランスの崩れで起こっているのです。

 

 

正常な身体はレプチンという食欲を抑え、正常な食欲を保つホルモンが働き、過剰に太ることを防いでくれます。ところが睡眠不足が慢性化すると、このレプチンがうまく分泌されなくなってしまうのです。

 

 

逆に食欲を高め、こってりとした夜食を好むように身体を仕向けるグリシンというホルモンが多く分泌してしまうのです。そうなれば太るのも当然ですよね。

 

 

この2つのホルモンバランスが整っていれば、適正体重と見た目のいい体型がキープできるのですが、このことが崩れてしまうと太りやすくなってしまうのです。

 

 

自分が満足するだけの睡眠時間の確保をしておく

 

 

そこでダイエットを実行しているのであれば、夜更かしは厳禁です。夜食自体もおすすめできません。やむ負えなく徹夜という事態になっているなら、翌日は睡眠を多めに取って、身体のホルモンバランスを整える必要も出てきます。

 

 

また太ってしまう原因が睡眠不足で起こるのは、ホルモンバランスの崩れだけではなく、身体の内部の修復も関係します。いうなれば基礎代謝自体も狂ってしまい、太りやすい身体になるのです。

 

 

もしも健康的にやせたいのであれば、自分が満足するだけの睡眠時間の確保をしておくことも大事になってきます。特に30代を迎えれば基礎代謝が下がっていくので、それを正常に整えるためにも、眠ることは重要なのです。