就寝前に避けたい習慣

就寝前に避けたい習慣

 

就寝前の習慣で安眠できるか、不満足な睡眠になるかが分かれます。

 

 

よく晩酌が楽しみ、あるいは飲まないと眠れない、という方がいますが、実はアルコールは深く眠らせることができません。寝酒はいうなれば避けたい習慣です。

 

 

また眠る前に一服したい愛煙家も多いでしょうが、ニコチンはリラックスさせながら、覚醒させる効果があるので、やはり避けたいことです。

 

 

つまりアルコールにしても、ニコチンにしても、脳に刺激を与える物質なので、安眠を防いでしまいます。つまり浅い眠りにさせてしまうのです。

 

 

これらは美容においても同じで、肌や髪にはあまりいいものではないのです。

 

 

十分、満足できる睡眠があってこそ、肌や髪を再生させ、修復する成長ホルモンが分泌されて働きます。つまり安眠できなければ、成長ホルモンの効果も薄れてしまいます。

 

 

アルコールや煙草が習慣化していると、やめにくいものですが、やはり避けておくほうが良いものであることは確かです。

 

 

就寝前ならなおさらです。

 

 

アルコールと煙草

 

 

もしもアルコールが欲しければ好みの香りや味のハーブティーに変える、煙草が欲しければお香をたいてみる、という方法でも、この睡眠にはいけない習慣をやめやすくなれるものなのです。

 

 

とはいえアルコールや煙草をいきなり完全に止めるのも難しいですし、本格的に止めるのであれば強い意志が必要になってきます。嗜むレベルではなく、依存傾向がある場合、専門医の協力が必要になります。

 

 

ただし多くの方は依存まで入っていませんから、代価できるもので、自分の心を満足させてあげる方法で、きちんと眠れるようになれます。

 

 

刺激を与えないように、リラックスさせるのは難しいことではありません。

 

 

それが肌や髪を美しく再生させるためであれば、工夫してみましょう。意外と就寝前の悪習慣から切り替えることが簡単になるはずです。