就寝前にしておく美容習慣

就寝前にしておく美容習慣

 

「そろそろ寝ようかな?」と思うとき、なにかしら行っていることがありかもしれません。

 

 

それは軽く晩酌を楽しむことであったり(実は安眠のためには逆効果ですが、好きなものはやめにくいものです)、煙草を一服したり(これも安眠を妨げます。

 

 

また美容や健康の面でもおすすめできません。でもやめにくいものです)、とあれこれあるでしょう。

 

 

しかし就寝前の過ごし方で、睡眠時間が美容に効果を発揮するかどうかが決まってきます。そこで就寝前にしておきたい美容習慣を考えていきましょう。

 

 

まずスキンケアをする方も多いですよね。その際に軽くマッサージしておくと、翌朝の肌のハリが違ってきます。化粧水はなじませていくにしても、美容液はマッサージしながらなじませていくと、効果がぐんとアップするのです。逆に乳液やクリームは軽くなでるようになじませていきます。

 

 

さらに安眠効果を得るために、軽くストレッチをしておくのもおすすめです。血流が良くなって、翌朝の血色も好ましくなりますし、なにより眠りが深くなるからです。すると成長ホルモンが活発に回復や修復のために働いてくれます。

 

 

冷たすぎない水か心地良い暖かさのある白湯を飲んでおく

 

 

そして意外かもしれませんが、冷たすぎない水か心地良い暖かさのある白湯を飲んでおくことも、就寝前の美容習慣に加えたいことです。

 

 

「トイレが近くなるのでは?」

 

「むくんでしまうのでは?」

 

 

と不安に思うかもしれませんが、眠っている間の乾燥防止と血液の流れをスムーズにしますし、逆にむくみを解消します。

 

 

もしもお通じにお悩みを抱えている場合は、ハーブティーにしてもいいでしょう。すると目覚めの際に悩みをすっきりと解消する効果が出てきます。つまり睡眠中に効果が身体に働きかけていくからです。

 

 

こうしたちょっと面倒に感じることも、3日続ければ身についてきます。翌朝のきれいのために行いたい美容習慣です。