最低限のスキンケアでも安眠で補える

最低限のスキンケアでも安眠で補える

 

スキンケアの基本を考えていきますと、クレンジング・洗顔・保湿です。

 

 

多くの化粧品を使って、肌のお手入れをされる方も少なくはありませんが、それを面倒に感じている方も少なくないのが事実です。

 

 

確かにスキンケアでクレンジングや洗顔は省くことができません。肌は自分ではメイクや汚れなどを落とすことができないからです。

 

 

ただし健やかな状態の肌であれば、軽い保湿だけでも皮脂を使って、自分の肌をうるおします。乾燥が酷い方以外はさほど化粧品を多く使う必要がないというわけです。

 

 

また肌が敏感な方の場合もあまりに化粧品を多く使うと、肌には負担になってしまいます。

 

 

そういう場合、安眠を得ることで、肌が持っている回復力を活用して、健やかな肌に戻すことも可能です。

 

 

ですから最低限のお手入れでも、安眠が得られるように睡眠時間を取っていれば、肌トラブルはかなり回避できるわけです。

 

 

ですから、おおざっぱに言えば、バスタイムでクレンジングや洗顔を済ませ、あとは保湿効果の高い化粧水でのローションパックとうるおいを逃がさないために薄くクリームを使う(肌のコンディションによっては省いても大丈夫)というだけでも、睡眠時間が安眠であれば、肌が回復します。

 

 

どれだけ心地よく眠れるか

 

 

重要になってくるのは、どれだけ心地よく眠れるかであって、通常であれば肌のお手入れ時間で睡眠時間を削るよりも、こちらのほうが身体のためにも、肌のためにも効果があります。

 

 

スペシャルケアは年齢を重ねていくと必要になりますが、それも頻繁に行うべき鵜ものではありません。多くの場合、良い眠りを得ていれば、アンチエイジングの効果も出てくるからです。

 

 

最低限のスキンケアを最大限にできるのは、質の良い眠りです。眠いからメイクを落とさないで寝てしまう、というのは論外ですが、メイクだけは落としておくことを忘れずに、質の良い睡眠を取ってください。